11月の農作業 ~いよいよ冬がやってきます

  • 印刷用画面
  • 2017年12月 5日(火) 14:27 JST
  • 投稿者:
    管理課

日々寒さが厳しくなってきました。 今年の甜菜は、春先の天候にも恵まれて、順調に播種・定植作業が行われました。10月下旬より収穫が始まり、出荷については11月下旬から開始され、12月中旬の終了を目処に順次輸送されます。  10月30日、11月2日、町営牧場の退牧が行われました。  パドックに集められた牛たちの番号を確認後、家畜車で輸送され、約5か月ぶりに各酪農家のもとに戻りました。  放牧されていた牛たちの中には、鍛えた足腰をいかんなく発揮し、家畜車になかなか乗ろうとしない牛もいました。丈夫に大きく育った牛たちが、各酪農家のもとに帰り、良質でたくさんの生乳を生産されることが期待されます。

 

 

 

 

女性部 食育活動 ~親子で作る料理体験~

  • 印刷用画面
  • 2017年12月 5日(火) 14:25 JST
  • 投稿者:
    管理課

11月5日、佐呂間町民センターで、JAサロマ女性部主催による食育活動を開催しました。  この活動は、食育活動の一環として、食と命の大切さを地域に伝えるため、毎年女性部が取組んでおります。今年は親子8組(20名)が参加しました。  体験の内容は、南瓜団子、いも団子、そうめん南瓜作りです。参加した子供達は、蒸した南瓜とゆでたジャガイモをこねて生地を作り、型抜きでハートや星の形の団子を仕上げ、お汁粉等に入れて味わいました。   試食時には、女性部員が講師となり、料理に使った南瓜が南瓜工場で、パウダーになるまでの工程を説明した後、クイズを出題。参加した子供達は真剣に答えていました。参加者の笑顔に、指導に当たった8名の女性部員も食育活動の大切さを実感し、充実した活動となりました。

 

農業新規担い手宿泊施設名称決定 「ほーぷすたーサロマ」

  • 印刷用画面
  • 2017年11月 2日(木) 16:29 JST
  • 投稿者:
    管理課

建設を進めておりました宿泊施設の名称が「ほーぷすたーサロマ」に決定しました。 この名称は、担い手協議会の選考において、34点の応募の中から「hope-s」と「SARO My☆」が選考に残り、この2つが合わせる形で完成した名称で、希望の的、期待、有望な担い手が佐呂間で育つように、また、名人が育つようにという願いを込めて命名されました。 募集活動では、ホームページとインターネットの第1次産業ネットへの募集掲載が開始となり、東京で開催された北海道新規就農フェアにも参加しました。また、学校訪問も行い拓殖大学北海道短期大学、酪農学園大学、岩見沢農業高校、八紘学園を訪問しました。 今後は、11月11日に札幌で開催される新農業人フェアへ参加、11月20日に酪農学園でJAサロマ単独の学生向け説明会を開催することになっております。

 

「ほーぷすたーサロマ」

10月の農作業

  • 印刷用画面
  • 2017年11月 2日(木) 16:19 JST
  • 投稿者:
    管理課

10月の佐呂間町の農作業も、秋の景色と変わる中で、終盤戦へと入りました。10月中旬よりキャベツの収穫がはじまり、これからポリ袋やネットなどに詰め込み食品加工会社、青果市場に出荷されます。9月に刈り取り、乾燥させたシソは、10月中旬から上流作業が始まり、月末まで行われました。

寒玉キャベツの収穫

 

採油用シソの蒸留作業

 

サロマ大収穫祭

  • 印刷用画面
  • 2017年10月10日(火) 14:26 JST
  • 投稿者:
    管理課

 10月1日(日)に、佐呂間町トーヨータイヤテストコースにて、サロマ大収穫祭が開催されました。爽快な青空の下、たくさんの方に会場を訪れていただき、佐呂間町の山海の秋の味覚を楽しんでいただきました。 JAサロマの出店は、恒例の南瓜団子無料配布、ジャンボBBQ販売を行い、JAサロマ青年部は、地場産野菜の馬鈴薯・タマネギの詰め放題と、特産の南瓜を販売しました。今年はそれらに加え、北海道550万人サポーター作りの一環として開発された、スマートフォンアプリJA2MPのPRも併せて行い、その場でダウンロードしていただいた方先着60名様に、南瓜フレークをプレゼントしました。

 

リンク

所在地・連絡先

〒093-0593
北海道常呂郡佐呂間町字永代町57番地
  佐呂間町農業協同組合
   TEL:01587-2-3341
   FAX:01587-2-1018