JAサロマについて

JAサロマについて

経営理念

-わたしたちJAサロマの使命-
組合員の営農と生活を守り、地域社会の発展に貢献します。

経営方針

 JAグループ北海道は、北海道550万人と共に創る「力強い農業」と「豊かな魅力ある農村」を基本目標に掲げ、農業所得20%増大と新規担い手倍増、サポーター550万人づくりに、JA・連合会が一体となって取り組んでおります。当JAにおいてもコスト削減に向けた肥料推進やクミカン利率の改定、飼料の購買手数料の一本化を実施し、新規担い手対策では、新農業人フェアの参加や農業体験希望者の受け入れなどに取り組んでまいりました。
 この様な情勢において、組合員の営農と生活を守ることを使命に、農業振興計画における、生産性の維持拡大・農業所得向上の施策、新規担い手対策、輪作作物の増反対策、サロマ農業サポーターづくりの実践に向け、組合員皆様のご意見を賜りながら、各事業に取り組んでまいります。

  1. 組合員の経営向上に向けた事業展開
    1. 生乳増産と個体販売の付加価値向上
    2. 農産物の収量増産対策
    3. コムギなまぐさ黒穂病拡散防止対策
    4. 新規担い手確保対策
    5. 安全安心な農畜産物の生産
  2. JA経営基盤の健全化と職員教育
    1. JA経営の財務基盤の強化
    2. 内部統制の充実と次年度以降の体制検討
    3. 職員教育の強化と職員意識の向上

組合長挨拶

佐呂間町農業協同組合
代表理事組合長 鈴鹿 保

 JAサロマホームページにアクセスありがとうございます。
 佐呂間町は、オホーツク海に面し、サロマ湖畔の内陸側に位置し、基幹産業として農業・漁業・林業の一次産業があります。それらに関連した乳製品加工場・水産加工場・農産物加工場など二次産業も盛んな町です。
 農業には、時には大きな感動を、時には厳しさを与えてくれる自然を相手にする醍醐味があります。そうした農業の素晴らしさは、実際にご自身で体験していただくのが一番です。そうした素晴らしさを伝えるためにJAサロマでは、農業体験・就農を希望している方を受け入れる体制を整備しました。
 北海道の田舎暮らしには、農業という仕事の他に生活環境などの不安があると思いますが、JAサロマと佐呂間町がバックアップを致しますので安心してお越しください。
 地方の暮らしを考えた時、何かと不安な買い物や医療についても、佐呂間町内にはホームセンターやコンビニエンスストア、医療クリニックもありますし、車で約1時間の圏内には大型ストアー・総合病院など商業施設・医療施設のより充実した市と町があります。空港についても同じく車で1時間の圏内に、女満別空港と紋別空港がありますので、国内線の利用にも不便のない地域です。
 オホーツク海に沿って車で北へ走ると、酪農畜産業が盛んな地域があり、大型酪農施設と放牧された牛達が海と同時に観られますし、南の方は、世界自然遺産の知床を擁する国立公園、網走市周辺は丘陵地帯で畑作が盛んであり、四季折々に彩られたパッチワーク畑が広がり、オホーツク海とのコントラストが楽しめる風光明媚な観光地もあります。
 また、佐呂間町は自然豊かな土地であり、山や海では、四季折々の山菜採り、狩猟、釣りなど、生活の余暇に趣味を充実させ、田舎暮らしに興味のある方もきっと楽しめる環境であると思います。
 就農や体験を考えている方へ、農業は自営業です。自分のライフスタイルに合った環境で出来る面もある仕事です。肉体的な労働は大変ですが、得られるものも大きいのが農業です。なにより、家族と一緒に過ごす時間を作れるのが魅力的な仕事であります。
 農業を体験したい方、農業者という人生を歩みたい方、そんなあなたが佐呂間町を訪れてくれることを、楽しみにお待ちしていますので、ぜひ佐呂間町へお越しください。

JAサロマの沿革

昭和 48年 佐呂間町農協と若佐農協合併新しく佐呂間町農協としてスタートする
52年 3ヵ年計画で酪農近代化団地育成事業
53年 農協30周年記念式挙行
54年 乳牛1万頭突破
59年 かぼちゃ共選、加工施設建設
かぼちゃパウダー・かぼちゃフレークの製品化
61年 武士営業所を若佐支所に統合
平成 元年 Aコープと車輌整備工場の株式会社(協同会社)化
(株)Aコープサロマ、(株)サロマ農機車輌センターとして新しくスタート
3年 酪農ヘルパー業務開始
4年 佐呂間町農協の愛称「JAサロマ」を採用
肉牛肥育センター施設建設着手(3ヵ年計画)
5年 農業技術センター施設着手、2ヵ年計画
6年 佐呂間町開基100周年
7年 肉牛肥育センター施設完成(2,000頭規模)
農業技術センター施設完成
10年 コントラクター事業導入、3ヵ年計画でハーベスター等導入計画
創立50周年記念式挙行(合併25周年)
15年 ホクレンサロマ給油所オープン
16年 家畜人工授精業務を遠軽地区農業共済組合に移行
17年 酪農ヘルパー業務を佐呂間町酪農ヘルパー利用組合に移行
18年 乳牛哺育育成センター完成
20年 (株)ドリームファーム設立(子法人等)
21年 新金融店舗オープン
22年 TMRセンター利用組合設立
23年 麦乾燥貯蔵施設増設
24年 TMRセンター稼動開始
25年 肉牛肥育センター事業譲渡
29年 農業新規担い手宿泊施設「ほーぷすたーサロマ」完成
創立以来過去最高の農畜産物総販売高(95億95百万円)を達成

組織概要

設立 昭和48年6月1日
代表理事組合長 鈴鹿 保
理事/監事 14名(理事11名・監事3名)
組合員数 正組合員132名・准組合員957名
職員数 72名
純資産 2,112百万円
貯金残高 19,738百万円
貸出金残高 3,361百万円
預金残高 17,286百万円
長期共済保有高 35,097百万円
購買品供給高 2,099百万円
販売品販売高 8,996百万円
自己資本比率 20.93%

JAサロマの組織図

JAサロマの組織図

JAサロマ広報誌「かけはし」

詳しくはこちら

施設情報

本所事務所
本所事務所

 〒093-0593
 北海道常呂郡佐呂間町字永代町57
 管理課 TEL:01587-2-3341
 FAX:01587-2-1018

施設紹介
かぼちゃ工場
  • かぼちゃ工場
麦作施設
  • 麦作施設
乳牛哺育育成センター
  • 乳牛哺育育成センター
農業担い手宿泊施設「ほーぷすたーサロマ」
農業担い手宿泊施設「ほーぷすたーサロマ」
TMRセンター
  • TMRセンター

協同会社紹介

株式会社サロマ農機車輌センター・
ホクレンサロマ給油所
株式会社サロマ農機車輌センター・ホクレンサロマ給油所
株式会社サロマ農機車輌センター

 〒093-0501
 北海道常呂郡佐呂間町字宮前町97-3
 TEL:01587-2-3705
 FAX:01587-2-3876

ホクレンサロマ給油所

 〒093-0501
 北海道常呂郡佐呂間町字宮前町97-3
 TEL:01587-5-2115
 FAX:01587-5-2116

株式会社Aコープサロマ
株式会社Aコープサロマ

 〒093-0502
 北海道常呂郡佐呂間町字永代町57-2
 TEL:01587-2-3346
 FAX:01587-2-2497

PAGE TOP